« ハリネズミ | Main | 味覚の秋 »

September 09, 2006

絵本・ぺレのあたらしいふく

さいきんの癒しのモトは、絵本です。
1日の終わりにぼんやり眺めていると、
日常の煩悩から離れることができて、しあわせな気持ちに♪

個人的には、「子どものお金教育」の一環として「研究」のつもり(笑)
すてきな絵本にたくさん出会っているので、皆さまにもご紹介できればと思います。

お気に入りの一冊は、「ペレのあたらしいふく」(エルザ・ベスコフ著 福音館書店 1976)
近所のお店に立ち寄った時、偶然手にとったもの。
読んでみたら、メッセージ性もイラストの美しさもステキ!と思って一目惚れ。

20051203_008_3

今まで着ていた服が小さくなってしまい、あたらしい服が欲しいぺレ。
自分で飼っていた羊の毛を刈って、最終的に服を仕立ててもらうまで、
いくつもの行程を村人にお願いしていきます。しかし、タダではやってもらえません。
草とり、牛のばん、雑貨やへおつかい等、村人の要望に応じてぺレ自身の労働と
交換していかなければならないのです。ペレは自分に与えられた仕事を行いながら、
次々と服を完成させるための行程を経て、最後は仕立て屋さんに服を作ってもらいました。
最後のページでは、あたらしい服を着たペレが、羊に「ありがとう」と感謝の気持ち示している様子を村人が暖かく見守っているところが描かれています。

今の時代、欲しいものがあれば、すぐに入手できる子ども達が多いけれど、
あたらしいものを手に入れようとしたときの大変さ(手に入れたときの達成感)、
ものの大切さなど、大切なメッセージを伝えてくれる1冊です。


« ハリネズミ | Main | 味覚の秋 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63317/11820789

Listed below are links to weblogs that reference 絵本・ぺレのあたらしいふく:

« ハリネズミ | Main | 味覚の秋 »