« もうすこし | Main | 日々 »

November 04, 2006

ワイナリーへ

紅葉には少し早い山梨へ行ってきました。
新宿駅から8時半のあずさ7号にのり、目的地のある塩山まで1時間半くらい。

本日の目的は勝沼にあるワイナリーのひとつグレイスワインへ行くこと。
こちらとの出会いは、数年前に「良い食品づくりの会」の存在を知り、
リストのなかにこちらの名前を発見したのがきっかけ。
その後、二子玉川の高島屋でワインを購入してこんな風に楽しんでいます。

今年の葡萄の収穫を終え、2006年ヴィンテージデラウエアができたところとか。
上のお楽しみの時にも登場しているのですが、こちらはアルコール度数7%、
ジュース感覚で飲めるので、休日の昼間にぴったり♪なのです。
わたしは1500mlサイズを購入!

20051203_001_12 20051203_020 20051203_022_2


今回は事前にテイスティングコースを予約して(畑を見学するコースは予約で一杯!)、
醸造過程やオーク樽での貯蔵の様子を見せていただき、若干のお勉強。

ひとつ考えさせられたのは、
ワインの瓶の底やコルクに見られる白い結晶体(酒石、ワインシュタインという)は
酒石酸とカリウムとが結合したもので、品質的に優れたワインのみに現れるそうですが、
消費者はこれをゴミだとクレームを付けるので、安全性には全く問題ないにもかかわらず
除去するための工程を加えているのだそう。
こちらのワイナリーに限らず一般的に行われているそうですが、本当に必要なこと?

このことに限らず、大局的にみると生産者と消費者が導きだした解が
誰もハッピィにならない方向に落ち着いているな、って思うことがあります。
まがったキュウリしかり、です。

そんなことを考えながら、ワインのおかげでフワフワとした秋の1日。
またふらりと訪れたいです。


« もうすこし | Main | 日々 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« もうすこし | Main | 日々 »