« 戦術 | Main | not too late »

January 30, 2007

ラブレター

「シゲミさんって、時々顔がパッと赤くなったり、目が潤むことがあるよね」

ここ数年で一番時間を長く過ごしている方から、言われた言葉に驚いた。
講演でも、あがってしまう、ことなんてないのに(笑)
日常のシーンのなかで、そんな瞬間がある、ってことが信じられなかった。

確かに、彼女との会話で、涙ぐまずにはいられない内容が含まれていたことも事実で、
それを思い出すと、泣いてしまうこともあったのだけど、
きっと、他の人はそんな風には見ていないはずで、
わたしが彼女だけに見せた顔だったのだと思う。

ホームページやこのブログを続けている間にも、
公私共につらい時期があった訳だけど、そんなとき、変化を察知して気遣ってくれた人。

彼女がいたおかげで、今のわたしがある、心からそう思う。

彼女のために、今わたしが出来ることは何か、真剣に考えています。


« 戦術 | Main | not too late »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 戦術 | Main | not too late »