September 21, 2008

フェアトレード

今週末の仙台の講演に向け、食関連の情報収集につとめています。

最近の報道をみていると、残念ながら話題は豊富なのだけど、
いざ、学校教育で子ども達に何を、どうやって教えたらいいのか、という切り口になると
特に「どうやって」という点で簡単ではありません。

日曜日の午後、彼に付き合ってもらって、
ようやく以下の映画を見てきました。

映画『おいしいコーヒーの真実』

大変考えさせられる内容でした。
見終わった後に、私たちに出来ることは何か、行動を起こさなきゃって思わされます。
もしDVDが出たら、来年の大学の授業で使いたいな、と思いました。
(追記:12月5日にDVD発売されるそうです♪)

今回の講演をきっかけに、私自身たくさんのことを勉強させてもらっています。
また少しずつここでも勉強の成果!?を披露したいと思います。

| Comments (2)

August 24, 2008

しろばんば

夏のはじめに訪れた天城湯ヶ島が舞台の本をよんでいます。

わたしはようやく、週末の大阪出張の移動時間で
主人公洪作の少年時代を綴った1冊「しろばんば」が終わったところなのに、
彼はすでに、「夏草冬涛」「北の海」からなる3部作をすべて読み終えています(早すぎる)

200807

学生時代に読んだはずなのに、
記憶していたストーリーは、結構混乱していて(笑)、
それを確認する作業も楽しいものでした。

読んでいると、先月に訪れた場所ということもあり、
各場面が臨場感をもって迫ってきました。

そして、なぜか自分の小学校時代と重なり、
今年はお盆も帰省できなかったなぁ、なんてちょっとした反省と共に、
なんとも懐かしい気持ちに。

残りのストーリーも楽しみに読みたいと思います(上下巻で合計4冊★)

| Comments (2)

September 09, 2006

絵本・ぺレのあたらしいふく

さいきんの癒しのモトは、絵本です。
1日の終わりにぼんやり眺めていると、
日常の煩悩から離れることができて、しあわせな気持ちに♪

個人的には、「子どものお金教育」の一環として「研究」のつもり(笑)
すてきな絵本にたくさん出会っているので、皆さまにもご紹介できればと思います。

お気に入りの一冊は、「ペレのあたらしいふく」(エルザ・ベスコフ著 福音館書店 1976)
近所のお店に立ち寄った時、偶然手にとったもの。
読んでみたら、メッセージ性もイラストの美しさもステキ!と思って一目惚れ。

20051203_008_3

今まで着ていた服が小さくなってしまい、あたらしい服が欲しいぺレ。
自分で飼っていた羊の毛を刈って、最終的に服を仕立ててもらうまで、
いくつもの行程を村人にお願いしていきます。しかし、タダではやってもらえません。
草とり、牛のばん、雑貨やへおつかい等、村人の要望に応じてぺレ自身の労働と
交換していかなければならないのです。ペレは自分に与えられた仕事を行いながら、
次々と服を完成させるための行程を経て、最後は仕立て屋さんに服を作ってもらいました。
最後のページでは、あたらしい服を着たペレが、羊に「ありがとう」と感謝の気持ち示している様子を村人が暖かく見守っているところが描かれています。

今の時代、欲しいものがあれば、すぐに入手できる子ども達が多いけれど、
あたらしいものを手に入れようとしたときの大変さ(手に入れたときの達成感)、
ものの大切さなど、大切なメッセージを伝えてくれる1冊です。

| Comments (0) | TrackBack (0)

July 27, 2006

意志あるお金

去年の秋の終わりに引越をしてきてから、
持ちすぎない暮らしを実践してきました。

でも、わたしにとって、難しいものが一つ。
それは、本です。
去年の引越で大量の本を売っていますが、
実家には、段ボール10箱以上置いてあります・・
仕事の上で必要なもの、と位置づけて(ポジティブシンキング)
最近、また本を買う傾向に。

最近のお気に入りをご紹介。

①カレ・ラースン著「さよなら、消費社会」
今読んでいる本。ドキドキしながらページをめくってます。
過激な部分もあるけど、考え方はかなり共感できる。
今度、この本を使って大学でレポートの課題だそうかな。

427233046201_scmzzzzzzz_v65752399_

②「世界を変えるお金の使い方」
お財布の中の100円が、世界の他の場所だったら、どのように使えるかを
ビジュアルに示した本。参考になるのは、アクションリスト!
個人のお金が意志あるものとして世の中を動かすことができるよ、って
メッセージが隅々から感じられる。この本も教材になる♪

447887103509_scmzzzzzzz_

そして、最近買った雑誌エココロ
この本の特集「エココロなお金」
・・・わたしの授業のコンセプトと同じ!?
スローフード、スローライフ、田舎暮らし、ロハス・・
言葉が消費されている気がしていたけど、世の中的には良い傾向!
10年前、いや5年前と比較しても、確実に世の中が変わっている、って感じ。
ブログもその一翼を担ってきただろうし、なんといっても地域市民のエンパワーメント。

20051203_001_3

この辺のところ、もっと学校教育でもできるはず。
8月に全国5カ所である先生方の研修でも大切にしていきたいと思います。

| Comments (4) | TrackBack (0)

March 15, 2006

遅咲きでいこう!

いつもお世話になっている方から、ご自身の著書をいただきました。
ご本は以前から拝見していたのですが、
今回はお願いしてサイン本をいただいてしまいました♪(ありがとうございます!)

4532165326

日経新聞朝刊での連載記事を、1冊の本にまとめたもの。
「遅咲き」の51人が紹介されています。
今年になってから2度も訪れた、ココファーム&ワイナリーを作った
川田昇さんも紹介されています。

本書では、これから定年を迎える団塊の世代の方々に向けてエールを送ります。
それだけでなく、団塊の世代ジュニアな私たちにとっては、
「人生、そんなに急がなくてもいいよ」というメッセージを感じることができます。

急がず、あせらず、自分らしく。

自分を見失いそうになったとき、そっと手にとりたい1冊です。
皆さまもぜひ、機会がありましたらご覧下さいね♪

| Comments (0) | TrackBack (0)

March 12, 2006

ぐりとぐら

わたしが食いしん坊なルーツは、たぶんこの本。
なんども、なんども読み返しては、きいろいおおきなカステラを想像して
お腹を鳴らせた子どもでした(笑)

20051203_008

わたしの家の近くに、子どもの雑貨と絵本の古本を扱う
strovskiというお店があります。
とってもシアワセになれる空間。

わたし自身、子どもの絵本を作ることが夢のひとつなので、
このようなお店がすごく近くにあること、なんとなく勝手に運命的なものを感じています(笑)

| Comments (0) | TrackBack (0)

December 23, 2005

THE ULTIMATE NUTCRACKER

クリスマスプレゼントに、っていただいたCD こちら

20051203_006


ほんわかと、あたたかくって、たのしい気持ちになりました。
ありがとうございます☆

今日はひさしぶりに何も予定がない1日。
念願の「おひるね」を楽しみ、気になっていた美容院へ行き、
自由が丘でお買い物。

ぬくぬくする毛布を買ったので、
音楽をたのしみながら、ぽかぽかとお布団の中で本を読もう。

まだまだ、部屋は片づいていませんが、
このお休みで少しずつ整えたい気分。。

| Comments (0)

December 11, 2005

思うとおりに歩めばいいのよ

ブログをお休みしているあいだのこと。
ある方からプレゼントされた本にとても勇気をいただきました。

その本の中の一節、ソローの言葉
「夢に向かって自信をもって進み、
思い描いた人生を生きようと努力するなら、
思わぬ成功を手にするだろう」
を読み上げ、
私の置かれている状況をいっさい聞かずに、
私らしく生きればいい、そう言ってくれたのです。

本当にうれしかった。
うれしくって、それをどう伝えて良いのか分からなくて
泣いてしまいました。

20051203_006

心の底から、ありがとうございます。

| Comments (2)

December 07, 2005

うついけんしはしんけいつう

タイトルと本文は全く関係ありません(笑)
(タイトルは、はじめからでも、うしろからでも同じように読めます。
高校時代、友達がくれた誕生日のカードに
これが書いてあったのを突然思い出しました・笑)
 
今日は平井堅氏の10th AnniversaryのDVDを購入しました。 こちら
そう!、夏の終わりに友達と一緒に行った、あのコンサートのDVDです。
(後日注:終わりではなく、始まりでした。この夏の記憶があいまいになってます・笑)

最近、終電近くまで仕事をしていておつかれ気味なのですが、
夕方から打ち合わせで外出していたので、
そのまま帰宅して、家でのんびりと鑑賞会。

しあわせです。

| Comments (0)